病院という特殊な環境について(まとめ)

病院という場所は、どうして「特殊」になりやすいのか。

まとめると
・医療者は人智が及ぶべきではないところへふれているから逆らえない
(自分で決めにくい=医療者の立場が優位になりやすい)
・排泄の世話など尊厳に関わる場面が多いため、人との境界線が曖昧になりやすい
(プライバシーが守られにくい=医療者の方が優位になりやすい)
・介助量が多く、負担が大きくなる場面が多い
(医療者の感情コントロールが難しくなりやすい)

さらに、これらを凝縮してまとめますと、

医療者、特に看護師は
「自分の立場がまわりの環境で振り回されやすい」ということ。

そして「歪んだ優位性を持ってしまいがちになりやすい」ということ。

何度も書きますが、この傾向についてジャッジをしたいわけではありません。
看護師は「世間知らずになりやすい」要因を考えているだけです。

そして、これは私自身の経験をベースに書き、
可能性を示唆しているものでしかありません。

看護師のすべてが、こういう傾向にあるとは微塵も思っていません。
むしろ、このような環境のなかで尊敬できる看護師に出逢えてきたからこそ、
あえて書くことができるのだと思います。

話を戻します。

病院という環境は特殊です。
だからこそ、病院での常識は、外での非常識となりやすい・・・。

派遣会社を使わせてもらう際、
対応してくださるのは「病院という環境とは離れた方々」です。
そこだけは、しっかり意識しておく必要があると思います。

だからこそ、人として最低限の礼儀やマナーをわきまえておく必要があると思います。
紹介をお願いする。 そして、紹介してもらう。

あくまでもベースにあるのは「人と人の付き合い」です。

当たり前のことですが、 この点は十分に理解しておく必要があると思います。

こうして読むと頷けますが、
実際には、驚くような事例(礼儀、マナーについて)もあります。

実際にあったことを、数名の方から伺いました。
そこについて、次は書いていきますね。

看護師紹介25年、10万人が利用する転職サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です